2025年までに社会へのコミットメントを見直すための10の目標

1. 自然由来成分について原産国まで辿ることができるトレーサビリティを100%確保し、ブランドで主に使用されている原料について認証プロセスを導入する。

2. 全ての製品のフォーミュラについて、法規制を上回る厳格な基準に基づき見直す。

3. 全ての製品について、エコ・デザインを利用して環境に与える影響を40%削減する。

4. 化石燃料由来のプラスチックの使用量を30%削減し、再生可能素材の使用を促進する。

5. スキンケア、フレグランス、メイクアップ製品について、分別しやすく、詰め替え可能なパッケージの開発を推進し、よりサステナブルな消費行動を後押しする。

6. 内部および外部の関係者のために、ブランドの社会貢献に関する取り組みを、透明性をもって伝える

7. サステナブルに管理されている森林から産出された紙、または森林管理協議会(FSC)認証の産地から入手した紙を使用する。

8. 生産拠点および店頭から排出される二酸化炭素量を50%削減し、再生可能エネルギーを100%使用する。

9. 生産工場および市場への空輸による輸送を制限し、海上輸送を20%増加させる。

10. 新しい見識や機会を必要としている人達に与えるセカンド・チャンス・プログラムを支援し、こうしたプログラムに従業員が参加するよう促す。