メゾン

ジバンシイについて

ジバンシイは、ブランドの真髄であるインスピレーションやモダニティといった遺産を受け継ぎ、設立当初から変わらず独自のアバンギャルドなエレガンスを体現しています。

05.04.2018

クチュリエとして世界的名声を得たユベール・ド・ジバンシィの物語は、1952年、自身の名を冠したパリのクチュールメゾン設立によってはじまります。 貴族の家系に生まれたユベールは、伝統を重んじる精神と、常識にとらわれない考え方を持ち合わせていました。 その相反性は彼の創造性の源であり、彼は、自身初となるコレクションでこれを証明します。 彼が提案した「セパレーツ」は、女性のセパレートスタイルと「カジュアルシック」をもたらし、既成概念にとらわれないエレガンスで新時代の到来を告げました。

翌年、運命的な出逢いが訪れます。 女優としてのキャリアをスタートさせたばかりのオードリー・ヘップバーンと出逢ったユベールは、その可憐で個性的な魅力に心惹かれます。 彼女は、ユベールの独創的なビジョンに「完璧なまでの不完全」な美を吹き込みました。そして、オードリーに捧げられたジバンシイ初のフレグランス「L’Interdit(ランテルディ)」が誕生したのです。 ジバンシイによるフレグランスの発表は、香りを纏うことをクチュールの装いの一部と捉えるユベールにとって、ごく自然なことでした。 「ランテルディ」は1957年に一般発売され、その2年後には初の男性向けフレグランスが発表されました。

1989年、ジバンシイはスキンケアとメイクアップへと領域を広げ、ブランドのスタイルとアイデンティティをトータルに表現することが可能となりました。 ジバンシイのスキンケアは、革新的なアプローチで多岐にわたる研究と開発を行い、クチュールドレスを仕立てるように、一人ひとりの肌の内側からの美しさを最大限に引き出すために生まれました。 そしてメイクアップは、肌色や質感を自在に操って女性の肌に立体感をもたらす革命的な4色構成のフェイス パウダー「プリズム ドゥスール」でデビューを果たしました。

1999年に、ニコラ・ドゥジェンヌがメイクアップ アンド カラー アーティスティック ディレクターに就任。以来、独創的な精神を貫いています。 ジバンシィのランウェイルックに宿るアバンギャルドでありながら官能的なエッセンスに着想を得て、ニコラは2013年に「クチュール コレクション」を発表。以来、リップスティック「ルージュ・ジバンシイ」やフェイス パウダー「プリズム・リーブル」といったアイコニックな製品が注目を集めています。 革新的なテクスチュアや大胆なカラー、華やかなデザインを駆使して、ニコラ・ドゥジェンヌは、メイクアップを真のクチュール アクセサリーへと昇華させています。

ジバンシイのフレグランス&ビューティーは、60年以上にわたって築き上げてきた伝統を胸に、先進性、そして優美なドレスをあつらうクチュールの革新性を貫いています。

メールマガジン

ジバンシイのイベント情報、新製品の発売情報など、最新情報をお届けいたします。

新規登録(new window) 登録内容の変更・配信停止(new window)

個人情報の取扱いやお客様の権利に関する詳しい情報は、こちらをご覧ください プライバシーポリシー